RSS

Kiddies ブログ

最近の記事

クリスマスレッスン2...ロビン、1歳9ヶ月...Halloween ...ロビン1歳...小学生の英語日記...

カテゴリー

Kiddiesのこと (30)
我が子のこと (49)
英語教育 (14)
英語育児 (24)
オススメ絵本 (24)
洋書 (1)
園児クラス (2)
オススメDVD (7)
その他 (11)
イベント (18)
英語のこと (5)
オススメ教材 (11)
イギリス滞在記 (17)
読むこと (1)
オススメサイト (2)
オンラインレッスン (3)
小学低学年クラス (3)
親子レッスン (9)
ネイティブ講師レッスン (1)
バイリンガル育児 (7)
小学中学年クラス (3)

アーカイブ

アーカイブ 2013年08月...

(4件見つかりました)

Rainbow MagicのDVD発見!

13年08月 30

6歳のニーナが現在ハマっている本、「Rainbow Magic」のリシーズ。
「大好きな本!」の記事参照)
このシリーズのDVDがあったことを発見したんです。

1つしか出ていないし、ディズニーのようなクオリティのある動画ではありませんが、大好きなものから学ぶことは多いだろうと思い、買ってみました。
「Rainbow Magic : Return to Rainspell Island」

残念ながら、日本のAmazonでは見つけられなかったので、Amazon.co.ukから購入しました。送料込みで1000円ほどでした。(リージョンにご注意を。)

ニーナに見せてやったら、それはもう喜んで、喜んで^^
1週間、毎日それを見ています。
60分ほどの映画で、聞き取りやすいイギリス英語です。
さっそく、出てくるセリフや歌を一生懸命覚えようとしています。

そして、偶然見つけたこの絵本。
A Fairy Ballet: Rainbow Magic (Scholastic Readers)

Rainbow Magicのリーダーものです。
Amazonのサイトから、中身も少し見ることができます。
Scholastic社が出しているもので、たくさんありますが、とりあえず上の1冊だけ購入してみました。

ニーナはなかなか自分で絵本を読もうとしないので、これに食いついてくれるといいんですが・・・^^;
これまで読み聞かせているチャプターブックとは違って、文章も大きめ、短めだし、フルカラーだし、ゴブリンも出てこないし・・・期待は大です。
届くのが楽しみ♡

不公平になるといけないので、4歳のユアンにはこれを購入しました。
Justice League Classic: I Am Green Lantern (I Can Read Book 2)

最近、バットマン、スパイダーマン、スーパーマンなど、ヒーローものが大好きなユアン。
きっと喜ぶでしょう〜^^(ダディはやはり、自分が子どもの頃好きだったアニメを、ユアンにも見て欲しいので、そういうものを積極的に勧めるのです・・・)

ユアンも少しず〜つ読めるようにはなっていますが、このレベルはしばらくは読み聞かせになりそうです。

読書の秋!

13年08月 27

ずいぶん久しぶりの更新になってしまいました・・・
朝晩、すっかり涼しくなって、夏も終わりがみえてきました。

秋と言えば、読書!ということで、教室のミニライブラリーに入れる本を何冊か用意しました。
読み聞かせ用と・・・

自力読み用。もちろんこれも読み聞かせでもいいんですが。

ディズニーなどのキャラクターものに難色を示す方もいるかもしれませんが、今はとにかく活字に慣れるというのを優先した方がいいかな、と思い、何冊か用意しました。
好きなキャラクターが読むことへの動機になればいいかな、と。

Kiddiesでは、園児さんや小学生低学年の子たちの自力読みが進んできています。やはり、絵本が好きな子、よく読む子というのは、話す力もよく伸びていきます。リーダーものも少しずつ増やして、子ども達のやる気を後押ししていければと思います。

児童用のリーダーもので有名なのは、今回購入したStep into Readingのシリーズの他に、Ready to ReadやI Can Readなどがあります。どのシリーズもレベル分けされていて、自分にあったレベルを選ぶことができます。
同じレベル1でも、シリーズによって多少読みやすさが変わるようです。
私の印象では、Ready to Read、Step into Reading、I can Readの順で文章が長くなっているように感じます。

今回追加する読み聞かせ用の絵本は、ほとんどがボードブックで、小さい子にも安心。
有名で、人気な絵本を選びました。

Go Away, Big Green Monster!」は、ハロウィンの季節によく読まれる絵本です。
まだ8月だというのに、お店には早々にハロウィングッズが並び始めていますね。日本でのハロウィンも、年々規模が大きくなっているように感じます^^

さあ、読書の秋。どんどん本を読みましょ〜!
Happy reading!

6歳児と4歳児が取り組んでいるワーク

13年08月 08

猛暑が続きますね。
これだけ暑いと、子どもも外で遊びたがりません。
お陰で家の中は、騒がしくてしょうがありません・・・

夏休みに入って、小学校の宿題もほとんど終わったので、市販のワークをやっているニーナ。
国語、算数、英語をそれぞれ見開き1枚ページずつやっています。
たった3枚なのに、これがまた時間のかかること!
だらだらやると1時間くらいかかるので、20分の制限時間を決めて、3枚終わらなかったら、しばらく時間をおいてまた20分の勉強タイムを設けるようにしました。

時間制限があるからといって、焦ることはないマイペースのニーナ。
結局20分を2回してます。
まあ、1年生は集中力が20分くらいしかもたないらしいので、そうやってメリハリをつけてやるのもいいかな、と思っています。

今やっている英語のワークはこちら。
「Spectrum Reading, Grade 1」

半分ほどが終わったところです。
このワークは大きく3つのパートに分かれていて、第1部は、Little Duckが主人公の物語です。ページの左側に文章、右側に文章についての質問が数問あります。

第2部は、Carolynという女の子が主人公の物語。これも同じように左側に文章、右側に質問です。

第3部は、アメリカのそれぞれの州についての文章。

読む量としては第3部が、微妙に長めかもしれませんが、それほど変わりはありません。
ニーナがやっているのは第2部の後半。時々読めない単語もありますが、割と上手に読めています。
アメリカには全く馴染みがないので、第3部をこなせるのかちょっと不安ですが、読む練習と割り切ってやり遂げてほしいです。

ニーナが読む英語は、最近はこのワークくらい。「これ読んで〜。」と、本をもってくることはしょっちゅうですが、自分ではあまり読んでいないです。

変わって年中のユアン。
夏休みに入って、「ユアンも勉強の本買って。」と言い出したので、このワークを買ってみました。
「Spectrum Phonics, Grade 1」

1年生用ですが、フォニックスの基礎を丁寧にじっくり勉強できるワークなので、フォニックス初心者にはとってもいいワークです。
ユアンのようにざっとフォニックスの音を知っている子、全く初めてフォニックスを学ぶ子、だいぶ定着しているけど、さらに確実なものにするために1から見直したい子、などにオススメのワークです。
ただ、ある程度の単語力は必要です。単語の名前を知っていることが前提のワークなので。

まずは子音の音の練習。

続いて、ショートサウンドの母音の練習。

そして、ロングサウンドの母音の練習。

子音のブレンディングサウンドの練習。sl、bl、gr、dr、smなど。

母音が二つ並んだ時の練習。ai、oo、ea、eeなど。

最後に、子音二つで1つの音を作る組み合わせの練習。ch、wh、th、shなど。

このワークをしっかりモノにできたら、たいていの児童書は読めるんじゃないかな。

150ページほどあるワークですが、30ページほどを終わらせたユアン。
一つ一つの音を、じっくりモノにしてってます。文章はまだ難しいですが、単語を読むスピードは上がってきました。
フォニックスを頼りに、単語を書けるようにもなってきました。

夏休みが終わったらどうなるか分かりませんが、夏休み中は1日1枚やっていこうと思っています。
本当はひらがなもやるべきなんだけどな〜・・・
ポスターでも貼っといたら、勝手に覚えてくれないかな〜・・・

夏期特別レッスンパート2

13年08月 02

グループ2の夏期特別レッスンが終了しました。
参加してくれたメンバーは違いますが、内容は先週と一緒です。

初日はみんな、すごく緊張していて、普段言えていることもなかなか言えない状態でしたが、二日目はぐっと発言も増え、先生の質問にも積極的に答えることができました。

地図を使って、先生の出身地アメリカや日本の場所の確認。

粘土で山作り。

火山の噴火!赤、緑、黒バージョンを作りました。

火山のお絵描き。

二日目。アルファベット、フォニックスの確認。

pH標準液を使った、色の変化を見る実験。

砂糖、レモン、ドライアイスを入れると、どんどん色が変わります。

ドライアイスを使って、大きい泡作りの実験。

磁石の実験。教室の中で、磁石がひっつくものを探します。本物の金に磁石はひっつかないので、この金メダルはニセモノ〜!

磁石は銅にひっつかないけど、銅の筒の中を通すとどうなるか。ゆっくり落ちるんです。不思議〜。

フリッジマグネットの制作。

最後はスライム作りです。


2日間、計3時間。たっぷり英語と実験を楽しむことができました。
ネイティブの先生との触れ合いは、日本語で話しても通じない、英語はコミュニケーションのために学んでいるんだと、いうことの再確認になったかなと思います。
この経験が、子どもたちのより積極的な英語学習に繋がれば幸いです。