RSS

Kiddies ブログ

最近の記事

クリスマスレッスン2...ロビン、1歳9ヶ月...Halloween ...ロビン1歳...小学生の英語日記...

カテゴリー

Kiddiesのこと (30)
我が子のこと (49)
英語教育 (14)
英語育児 (24)
オススメ絵本 (24)
洋書 (1)
園児クラス (2)
オススメDVD (7)
その他 (11)
イベント (18)
英語のこと (5)
オススメ教材 (11)
イギリス滞在記 (17)
読むこと (1)
オススメサイト (2)
オンラインレッスン (3)
小学低学年クラス (3)
親子レッスン (9)
ネイティブ講師レッスン (1)
バイリンガル育児 (7)
小学中学年クラス (3)

アーカイブ

アーカイブ 2012年04月...

(8件見つかりました)

Scooby Doo!

12年04月 30

最近、子どもたちがハマっているDVD「スクービードゥ」。

ダディ、オススメのアニメです。
ダディが子どものころ、よく見ていたらしく、ニーナやユアンに見せてみたら、とっても気に入ってました。

以前、紹介した「Kipper」よりも英語が早く、内容も5、6歳以上向けですが、二人ともゲラゲラ笑いながら見ています。

オープニングのテーマソングがとってもキャッチーで、ついつい口ずさんでしまいます。あの声もなんだか好き~。
YouTube にあったので、興味のある方は聞いてみてください。

ジャンルとしては、スクービードゥは謎を解き明かす、コメディミステリーです。キャラクターが魅力的で、アメリカでは大人気。
日本でいう「名探偵コナン」みたいな感じかな。

機会があれば、見てみてくださいね。

Bugs!

12年04月 21

もうすっかり春の陽気になってきました。
散歩に出かけると、いろんな色の花や生き物たちが目に入り、子どもたちのテンションも上がります。

ニーナは小さい頃から虫やお花がだ〜い好き。
触らずにはいられません。
カマキリでもカニでもダンゴムシでも、「かわいい〜〜」と、触りたがります。

ある時は、家の中にいたヤモリを捕まえて、にんまり。

またある時は、大きなバッタを鷲づかみ。

先日は、何匹ものカエルを捕まえて楽しんでいました。

その一方、弟ユアンは・・・
もっぱら虫が苦手です。バッタやカエルなんて絶対触らないし、チョウチョを近くで見せただけで、このあり様です^_^;

かなり腰引けてます・・・
もうちょっとたくましくなってほしいな〜・・・

さて、先日てんとう虫を見つけたニーナ。
もちろん迷わず、わしづかみ。
するとてんとう虫から黄色い液体がでてきてました。
私はずっと、それはてんとう虫のおしっこだと思っていたのですが、違ったんですねぇ。

動物百科事典で、さっそく調べてみると・・・
「血」らしいです。(゜0゜)
しかも、ひざから出すらしいです!(◎_◎)
この血はすごくにがいらしく、鳥などから食べられるのを避けられるようです。
実体験後すぐに調べたので、きっとずっと忘れないでしょう・・・

我が家で、時々登場するこの百科事典(英語です)ですが、写真がきれいで、内容も子どもの興味を引くような内容で、オススメですよ!
色々難しいことも理解できるようになる5歳くらいから、もちろん大人が読んでも楽しいです。

アメリカのAmazon.comで「Dk First Animal Encyclopedia」を検索すると、少し中身も見れますよ。

Let's go clam hunting!!

12年04月 21

スギ花粉が終わったかと思えば、今度はヒノキ・・・
まだまだ花粉症に苦しむ今日この頃です(´Д` )

先日、知り合いの人から、
「今年のアサリは大きくて身がぷりぷりらしいよ!」
と、聞きました。
思い立ったらすぐ行動派のわたし。早速昨日、潮干狩りに行ってきました。
朝からせっせとおにぎりを作って、潮干狩りの準備して・・・

外を見るとパラパラと小雨。でも、気にせず決行!
今夜のご飯はあさり料理のフルコースだ!!

ちなみに英語で「潮干狩りに行こう!」は、
Let's go clam hunting.
Let's go clamming.
なんて言い方をします。clamはアサリなので、アサリ限定の潮干狩りですが。

行ってきたのは津の御殿場海水浴場。
小雨の中でも、たくさんの人が潮干狩りに来ていました。

「さむい~。かえりたい~。」と、ひ弱な息子。
「おやつ食べたい~。」と、花より団子の娘。
「濡れたくない。」と、やる気のないダディ。
そんな3人を引き連れて、「さあ~、どんどん掘るよぉぉぉ!」と、一人やる気の私。

小さな穴を見つけて掘ってみると、出るわ、出るわ、大量のバカ貝。
子どもたちも、一瞬テンションがあがりますが、やっぱり「さむい~、かえろ~、おやつ~。」

せっかく喜ぶと思って来たのに・・・・(´ε` )

とにかくどんどん掘りましたが、アサリは一匹も出てきません。
近くの人に聞いてみると、「アサリは1000匹に1匹くらいですよ」って(゚д゚lll)
でもアサリをたくさんとっている人もちらほらいるんだけどな~。
素人には無理?!

その気になるのも早いですが、いさぎよく諦めるのも早い私。
アサリ探しはやめて、小さなエビやヤドカリなんかを探して楽しみました。

アサリの収穫はゼロ。寒くて小雨の悪天候でしたが、それもまたいい思い出になりそうです(#^.^#)

確実に成果がでているKiddiesの生徒さん!

12年04月 17

Kiddies英語教室をスタートさせて、8ヶ月ほどが経とうとしています。

どの生徒さんも、確実に英語力が伸びていますが、特に読む実力が飛躍的に伸びている生徒さんがいます。
5歳のRちゃんは、課題の絵本を読む時に、どこを読んでいるのか、しっかり指でたどりながら読み進めます。

今、自分がどの単語を言っているのか、目と耳で確認しながら読む方が、より音と文字とを一致させることができ、読む力が確実に伸びていきます。

もちろん、毎回のレッスンでもそれを指導していますが、短い時間でできることは限られてくるので、お家での練習量で、差がでてくるわけです。
せっかく練習するなら、ぜひそのように読んでほしいです。

同じく5歳のLちゃんも読む力がついていますが、Lちゃんはとにかく読む回数が多い!!課題の絵本は一週間で何十回も読んできてくれます。

自主的に宿題以上の文章を書いてきてくれるMちゃんは、どんどん書くのが上手になっているし、CDをいっぱい聞いてきてくれるSちゃんとAちゃんは、リスニング力が伸びて、発音もよくなってきています。

やはり、頑張れば頑張っただけ、全て成果に現れるんですね~~~!!
逆に、せっかくの伸びた力もずっと何もしないと、すぐに元通り・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

言語って本当に長期戦です。集中して短期間で終わるより、細々でも長ーく続けていくことが大切です(。^▽^。)

3歳児くんと翻訳ゲーム

12年04月 13

3歳のユアンと、こんなゲームをしてみました。
私が英語で言ったものを、ユアンが日本語で言い換える、翻訳ゲーム。

私「dog」
ユアン「ワンワン」
私「elephant」
ユアン「ぞうさん」
私「bird」
ユアン「とり」

順調、順調。(ワンワンは犬だよ、っと言っても「ちがう!ワンワン」と頑固なユアン。)

私「red」
ユアン「あか」
私「green」
ユアン「あお」
私「white」
ユアン「わからん・・・」

ちょっと色が苦手なんだなあ。

私「sleep」
ユアン「ねる」
私「run」
ユアン「走る」
私「angry」
ユアン「怒ってる」

なかなか上手に翻訳できてます。

私「I'm hungry.」
ユアン「お腹すいた」
私「Be careful.」
ユアン「危ないから、気をつけて」
私「It's time to go to bed.」
ユアン「ユアン、まだ寝ない」

最後はゲームを忘れ、会話になっちゃいましたf^_^;)
他にも色々言いましたが、思ったより上手に訳してたので、感心しました。
フレーズなんかは、直訳ではなく、日本語らしい言い方に変えて言っているのが面白かったです。

正解するごとにすっごく褒めてあげたので、誇らしげでした。

さて、図書館でかりて昨日読み終えた本をご紹介します。

私の大好きな作家、James Pattersonの「Kiss the Girls」。

読み始めると止まらない、ハラハラドキドキのサスペンス。この本は映画化もされていて、モーガン・フリーマンが主演していましたが、エンディングはだいぶ本とは違っていました。
もちろん、本の方が何倍もおもしろいです。

約500ページ、126000語だそうです。
主役はAlex Crossという黒人刑事。Alex Crossのシリーズは10冊以上でているようですよ。

イースターエッグがいっぱい!

12年04月 10

桜が満開できれいですね。
満開になると、あっという間に散ってしまうので、すぐに淋しくなりますが・・・
週末までもったらお花見したいな~♪(´ε` )

4月8日はイースターでした。
イギリスからは今年も沢山のイースターエッグを送ってもらい、子どもたちも大喜び。

ニーナの顔ほどもある卵形のチョコがいっぱい!!
中は空洞になっていますが、食べ応えありです。
太り応えもあり!!

今年はバタバタして、エッグハントはしませんでしたが、去年は庭に卵形のチョコをいっぱい隠して、エッグハントしましたよ~。

イースターというのは、キリスト教の復活祭ということらしいですが、クリスマスみたいに、今ではほとんど宗教的な意味はないようです。キリスト教の人にはあるのかもしれませんが・・・

日本ではまだ馴染みがありませんが、イギリスでは大きなイベントの一つです。
ハロウィンやクリスマスみたいに、そのうち日本でもイースターが浸透していくのかな。

日々、成長している子どもたち

12年04月 06

今日は風が冷たかったですね。

春休みに入って、ニーナは頻繁に縄跳びの練習をしていましたが、なかなかうまくできませんでした。
それが、昨日初めて10回跳べるようになって、大喜び!!

今日も朝一から外へでて、練習していました。

できないとすぐに、「もういや!縄跳び大っキライ!!」と言って、これまでに何度も縄跳びをゴミ箱に捨てていましたが、それでも次の日には立ち直って練習していました。

その頑張りあっての10回跳び達成だったので、本人もとっても嬉しそうでした。こういう経験をたくさんしていって欲しいです。
頑張れ、ニーナ!!

そんなニーナ、イギリスのおばあちゃんに久しぶりに手紙を書いていました。

最近大好きなバレリーナと、ずっと大好きなプリンス、そして明日はイースターなので、イースターエッグの絵を描きました。真ん中にどーんとあるのは砂のプリンだそうです。

手紙はこう書かれています。

「Hello, Nanny. I will send you a letter. I drew a ballerina and a prince. They are eating a sand pudding. I love you. Nina xx」
(こんにちは、おばあちゃん。お手紙を送るね。バレリーナと王子様を描いたよ。二人は砂のプリンを食べてるよ。大好きだよ。ニーナより。)

スペリングは私が教えますが、文章はニーナが自分で考えました。
単語と単語の間にスペースがないので、読みにくいですが、以前よりも小さい字でしっかり書けるようになってきたと思います。

横で見ていたユアンも手紙を書くと言い出したので、紙を渡すとこんなのを描きあげました。

舌をだした、どこかのおじさんらしいです(^_^;)

この頭から直接手や足が出る人物を、発達心理学では「頭足人」と呼びます。
3、4歳の世界中の子どもの絵に共通してして現れるそうです。
なぐり書きから始まって、円形や線が描けるようになって、次に頭足人が現れます。

ユアンが初めて頭足人を描いたのは、ほんの3日前。それまで全然絵に興味がない子だったので、
「でたーー!!頭足人!!」
と、私テンション上がりました(≧∇≦)

そんなことで母親って、子どもの成長喜べるんですよね~。
1日、1日成長している子どもたち、今後も楽しみです。

春休みの過ごし方

12年04月 03

4月に入りました。
昼間は少しずつ暖かくなってきましたね。

春休みで幼稚園の送り迎えがない分、少しゆっくりできます(*´∀`*)

この間は新しくできた公園「ゆめくじら」へ行って、一日中遊んできました(私は見てただけ・・・)。


ここは大きな遊具があったり、ビーチにみたてた広い砂場があったり、小さなロッククライミングウォールがあったりと、他の公園にはないものがたくさんあったので、子どもたちは大喜び。

ただ、すごい人なので、簡単に迷子になっちゃいます。
あと、子どもが転んでも痛くないように、地面はフワフワさらさらの砂がひいてあって、砂ぼこりがすごかった(;゚д゚)

長〜〜〜いローラー滑り台が気に入った3歳のユアンも、何度も何度も登っては滑ってを繰り返していました。

以前の反省をふまえ(「3歳の息子、運動不足?!」の記事参照)、最近は、天気のいい日は極力外で遊ばせてます。どこかに行かなくても、庭で遊ばせます。虫を発見したり、木の実であそんだり、つくし取りをしたり、ネコを追いかけたり・・・外には色んな刺激がいっぱい!

夕方に英語のテレビを1時間。寝る時に絵本を数冊。気が向いたら英語のドリルを1、2ページ。最近の英語の取り組みはそのくらいです。ゆる〜いです。

会話は・・・最近は私は日本語で話すことが多く、ダディも子どもたちが寝る時間に帰ってくるので、それほど話せません。でもニーナとユアンが遊んでいる時は結構英語を話しています。

今フランスから来ている義理兄の家族にも、英語で話しています。ニーナは以前に比べ、英語を話すことへの抵抗が少なくなってきたようです。
フランスのおばちゃんに対して、英語の発音を訂正したりもします(ΣΣ(゚д゚lll)偉そうに・・・)

まだまだ流暢な英語は話せませんが、恥ずかしがらず、自信を持って英語を話せるようになってきたのは、すごくいいな、と思う今日この頃です。