RSS

Kiddies ブログ

最近の記事

クリスマスレッスン2...ロビン、1歳9ヶ月...Halloween ...ロビン1歳...小学生の英語日記...

カテゴリー

Kiddiesのこと (30)
我が子のこと (49)
英語教育 (14)
英語育児 (24)
オススメ絵本 (24)
洋書 (1)
園児クラス (2)
オススメDVD (7)
その他 (11)
イベント (18)
英語のこと (5)
オススメ教材 (11)
イギリス滞在記 (17)
読むこと (1)
オススメサイト (2)
オンラインレッスン (3)
小学低学年クラス (3)
親子レッスン (9)
ネイティブ講師レッスン (1)
バイリンガル育児 (7)
小学中学年クラス (3)

アーカイブ

カテゴリー : イギリス滞在記...

(17件見つかりました)

Birthday Party

17年01月 03

5歳になるいとこのパーティに招待してもらい、トランポリンができる会場へ行ってきました。
行ってみると、大勢の人でかなり混んでいました。超人気な場所のようです。
私たちのグループは子ども20人くらい。まずは滑り止めの付いた専用の靴下を履きます。
euan
そしてみんなで準備運動。
euan
早速ジャンプ!
私もやらせてもらいましたが、見た目よりもすごく弾んで気持ちいい〜。
euan
ニーナのスプリッツ。中々のもんです!
euan
色んなアトラクションをたっぷり楽しみました。
euan
euan
euan
euan
ロビンもちょっと参加させてもらいました。
euan
たっぷり遊んだ後は、個室に移動してピザパーティ。
バースデーケーキもいただきました。
euan
楽しい経験をさせてもらいました。

Sea Life Centreへ

16年01月 01

今日は街の中心街へ行きました。
canal(水路)に沿って歩いたり、
canel
council house(議事堂)を見たり、
canel
新しい巨大な図書館を見たり(外観だけ)、
canel
少しぶらぶらした後、「Sea Life Centre」へ。
ペンギンを見たり、
canel
ヒトデを触ったり。
canel
canel
ニモを見たり、
canel
大きいヒトデを下から覗いたり。
canel
水のトンネルをくぐったりしました。
canel
その後は光のツリーを見て、
canel
Wetherspoonというパブへ。
canel
大きいハンバーガーとチップスというイギリスらしい夕食を食べました。
美味しかった〜。
canel

Teething

16年12月 31

今日は身を切るような寒さの中、前回とは違う公園へ。
cousin
やっぱりここもひろ〜〜〜い公園で、2時間ほど遊びました。
子どもたちは走り回っているから、寒さ知らずですが、大人は2時間が限度。芯から冷え切りました・・・
cousin
夜は4年ぶりに会ういとこの家へ。
cousin
1時間ほど遊んで帰りました。
cousin
日中、超機嫌が悪かったロビン。色んなものを噛みまくる様子から、「He must be teething.」(歯ぐずりに違いないわ。)ということで、スーバーで手に入る「teething gel」を買ってきてもらいました。
cousin
ほんの少量、歯ぐきに塗ります。こっちではグズるたびに、「きっとteething」と言って、手軽に気軽に頻繁に使われているジェルのようです。
気のせいか、本当にジェルが効いたのか、1度塗った後はロビンは何だかご機嫌になったので、今後も最終手段としてジェルを使おうかなと思っています。

Pub

16年12月 30

イギリスと言えばパブ。

今日は親戚とパブで食事をしました。
結構大きなパブで、ビリヤードテーブルやちょっとしたスロットマシンがありました。
パブと言っても家族連れの人が多く、ロビンを連れて行っても全然大丈夫な雰囲気。
パイントという大きなグラスでビールを飲みました。(おいしかったぁ)

ニーナは残念ながら熱が出たので家でお留守番・・・
ユアンはピザ1枚を一人で全部食べて、でかいアイスを頬張っていました。
初めて会った13歳のいとこと意気投合し、パブ内でかくれんぼしたりコインで遊んだり、数時間たっぷり遊んでもらいました。
park

公園

16年12月 28

今回の滞在は天候に恵まれて、晴れの日が続いています。
すごく寒いですが、みんなで公園へ行きました。
家から5分くらいの公園。
とにかくひろ〜〜〜い!!
park
フリスビーやサッカーをしたり、池にいる鳥にパンくずをやったりしてすごしました。
park
park
もってきた離乳食が底をつきそうなので、スーバーで離乳食を買ってみました。オーガニックで色んな野菜が入っていて、味はついていません。茹でたそうめんに醤油少々と混ぜ込んで食べさせました。
park
午後は、上の子二人はgranddadに「BFG」の映画に連れて行ってもらいました。かなり面白かったらしく、話の筋を延々と話してくれました。

パーティ

16年12月 27

今日は晴れていたので、家の近くを散歩したり、
christmas
お庭でボールを蹴ったり、プロペラみたいな種を集めたり。
christmas
親類が集まるパーティにもお邪魔しました。
こっちのパーティでもサンタ。
christmas
こっちのパーティでもサンタに会うことができました。
christmas
初めて会ういとこや、はとこの子どもたちにも会えて、楽しい一時でした。
christmas
christmas
christmas
christmas

Merry Christmas

16年12月 25

Merry Christmas!
子供たちの待ちに待ったクリスマス。
イブの夜に、プレートに名前を書いて・・・
christmas
サンタとトナカイのためにミルクとパイと人参を用意します。
christmas
暖炉にストッキングも掛けて、準備はバッチリ。
christmas
朝の6時に起きてリビングに行ってみると・・・WOW!
christmas
ニーナは念願の雪の結晶形のピアスをもらい「This is the best christmas ever!」と感激。
christmas
ユアンもサンタにお願いしたサッカーボールをもらって大満足。
christmas
ロビンは大好きな「The Wheels on the Bus」の絵本をもらってとってもうれしそうでした。
christmas
Thank you, Santa!!

子どもたちとイギリスへ帰省

16年12月 23

子どもたちにとっては2度目となるイギリスへやってきました。
ロビンにとっては初めてのイギリス。初めての飛行機。

11ヶ月の子を連れての飛行機は、かなり長く、体力、気力勝負でしたが、何とか無事乗りきりました。
予約していたベビーミールをお願いしたら「バナナかヨーグルトか」、という選択でびっくりしたりもしましたが、キャプテンが子どもたちをコックピットに招待してくれ、操縦室を見せてくれるという嬉しい経験もできました。 

今日は着いて二日目。昨日も今日もロビンに3時に起こされ、まだまだ体内時計が調整できずにいます。

早速近くのスーパーへ買い出しに。
クリスマス直前ということで、超大にぎわい。
日本の2倍ほどあるカートへどんどん食料を詰め込みました。
野菜やくだものは日本よりも安いです。りんごが10個で200円、じゃがいもも10個で100円とか。
そして野菜やくだものにも消費期限が記載されていました。
鶏肉や豚肉も日本より安いくらいかもしれません。

大好きなチーズも安くて種類も豊富!
パンも断然日本よりも美味しいです。

大好きなスーパー巡り。今回もどんだけ〜ってほど通っちゃいそうです・・・

イギリス滞在記 最終回

13年01月 08

あけましておめでとうございます。
今年もみなさまにとって素晴らしい年でありますように・・・

イギリスから帰って4日経ちましたが、まだ時差ぼけが続いて調子が悪いです。前回もこんなに長引いたかしら・・・歳のせいで回復が遅いのかしら・・・

イギリスでの最後の数日のことを少し記録に残しておこうと思います。
お正月は何とも静かでした。「今日はそういえばお正月ね。」と言っていたくらい、普通の日でした。
大晦日は、私の希望でテレビでカウントダウンを観ました。ロンドンの様子が映っていましたが、その花火の量のすごいこと!!!
「どれだけ税金を使うんだ・・・」とダンナさんが引くくらいの花火でした。近所でも0時にパンッパンッと誰かが花火をあげる音が鳴り響いていました。

1月2日は、2週間の滞在で、唯一晴れた日でした。
早速、近くの公園に子どもたちを連れて行ってやりました。
イギリスの公園はスケールが大きい。3つ4つの公園を見ましたが、どこもだだっ広い草原でした。
この日行ったところには大きな池があって、ガチョウや白鳥や鴨などに餌をやることができます。ニーナやユアンも餌をやりましたが、餌を与えられすぎているのか、食いつきが悪かったです・・・^^;

ひと隅にはちょっとしたプレーグラウンドもあって、ブランコやジャングルジムなんかで遊べます。寒かったので1時間ほど遊んで、帰りました。

夜は念願のミュージカルを見に行きました。
有名な「9 to 5」というミュージカル。この時期は舞台やミュージカルの時期ではないらしく、これくらいしかやってなかったです。

行ったのは「New Alexandra Theatre」という劇場。
やっぱり生で観る舞台っていいですよね〜。とってもステキでした。

まったりゆったり過ごした2週間。
子どもたちにとっても、いい思い出になったと思います。帰りの飛行機では疲れと酔いで大泣きしていましたが、またイギリスに行きたい、と言っていました。(飛行機では行きたくない、とも言っていました。)

日本に帰ると、子どもたちはまったくの日本語モードになり、英語での発話も激減しました。英語で話しかけても日本語で返答します。
英語で話す必要がない、ということをちゃんと知ってるんですね・・・

イギリスに行って改めて思いましたが、リスニングはとても大切です。
大して話せなくても、リスニングができていると全然違います。ある程度のコミュニケーションは成り立つし、現地での英語の吸収力も凄まじいです。

今後も英語での発話を促しつつ、リスニングだけでも衰えないように環境を整えたいな、と考えています。

イギリス滞在記 8

13年12月 31

バーミンガムにはたくさんの親戚がいるので、毎日誰かに会いにいったり、会いにきてくれたりします。
この日はひいばあちゃんの家へ。
行ってみると20人くらい集まっていました。

ニーナとユアンはちょっと圧倒されて、隅にかくれていましたが、次第に慣れて、みんなとお話していました。
小さい子が好きなユアン。赤ちゃんも抱っこさせてもらいました。

二人ともこの短期間で、英語が上達しました。

ニーナは発音が奇麗になり、より積極的に英語で話すようになりました。
初めて会う人に対しても、それほど恥ずかしがらずに話します。お店でも「あれはどこですか」「これはどこですか」と自分で聞きます。

ユアンはニーナほど日本語が定着していない分、英語の吸収が早いです。単語量はニーナの方が多いですが、話すスピードはユアンの方が早いです。ニーナはまだ少し考えながら話している印象です。
ユアンも恥ずかしがらず、誰とでも話すようになりました。みんなフレンドリーで、可愛がってくれます。

次の日は図書館へも行ってみました。
近くに3つも図書館がありますが、行ったのはKings Heathの小さな図書館。
早速メンバーズカードを作って、子どもの絵本コーナーへ。

10冊ほど借りて帰りました。

イギリス滞在記 7

12年12月 28

今日はバーミンガムの隣にある、「Merry Hill」というショッピングモールに行ってみました。車で45分ほどかかりました。

中心街より奇麗で、もっとイギリス人がいました(;^_^)

まずは「Clarks」という靴屋さん。ここではこんなマシーンに乗って足のサイズを測ってくれます。

ニーナは11Gというサイズでした。これが何センチに相当するかは分かりませんが。で、好きな靴を渡して、11Gのサイズのものを持ってきてもらいます。担当の人が足のフィット感を調べてくれます。そして、気に入ったら購入、という流れ。

ナニーにこんなステキなブーツを買ってもらいました。

その後は「early learning centre」というお店に入りました。
このお店では、小さい子のための教育的なおもちゃが売っています。日本からは買えないものばかりなので、ぜひ行きたかったんです。

チョコレートで有名な「Thorntons」もありました。

モールのあちこちにはイギリスの人気キャラクター「Bob the builder」の乗り物もありました。

ショッピングを満喫した一日でした⌒▽⌒

イギリス滞在記 6

12年12月 27

今日も天気はグレー。昨日もグレー。明日もグレー・・・
朝起きて、隣の家の人の庭で、野生の鳥やリスの餌やりを手伝わせてもらいました。

野生でも何度か寄ってきて、間近で餌を食べる様子を見ることができました。でも寒いので、私はさっさと退散・・・

午後はバーミンガムの中心街へ出かけました。
空は相変わらずグレーで、雨もチラついていました。

まずは、有名な「スペースバブル」という建物に行きました。

中はたっくさんの人で賑わっていました。

中心街は本当に外国人が多いです。
90%はインド人やパキンスタンの人なんじゃないかと思うくらい・・・
白人を見ても、ポーランド人やドイツ人・・・あまりアジア人は見ませんでした。イギリス人も全然見ませんでした・・・(・・;)

ディズニーショップにも行きました。ニーナはさっそくドレスを発見。

「ほしい、ほしい」とせがむニーナ。でもレジには2、30人もの列が!!
さすがに並ぶのが嫌なので買いませんでした。

念願の本屋さんにも行きました。5、6階建ての「Waterstone's」という本屋さん。3階は全て子どもの絵本です(* ̄∀ ̄)ノキラリ

Mr Menのコーナーや、

大好きなシリーズOxford Reading Treeのコーナーもありました。

何冊かいい絵本が買えました。

人が多すぎて、すぐに疲れた私たち・・・
長居せず、さっさと家路についたのでした・・・

イギリス滞在記 5

12年12月 25

Merry Christmas!!!


朝6時に起きた子どもたち。
パイやミルクがなくなっているのを見て、「サンタが来た!」とニーナ。
ツリーの下のプレゼントを見て、目がキラキラ輝いていました。

さっそくプレゼントを開けまくりました。
念願のラプンツェルのドレスをもらって大満足。
一日これを着て過ごしました。

ユアンも大好きなパズルをたくさんもらいました。

中にはこんなプレゼントも。2〜3000キロカロリーはあります・・・

ディナーにはターキーの丸焼きをいただきました。チキンとはまた少し違って美味しかったです。


クリスマスはどこもお店が閉まっているので、今日はゆっくり家で過ごしました。明日からは多くのお店で大セールが始まります。

さあ、ショッピングするぞ〜!!

イギリス滞在記 4

12年12月 24

今日はクリスマスイブ。街はクリスマス直前のショッピングをする人たちで賑わっていました。日本と違って、イギリスでは多くの人はクリスマスに働きません。お店もほとんど閉まっています。クリスマスイブも4時で閉まってしまうお店がたくさん。

がんがんお買い物していると、お金を受け取ってもらえません。聞いてみると、20ポンド札は数年前に新しくデザインされたらしく、7年間に来た時に使っていたお札は受け取れないとのことでした。よく見ると確かに変わってます。

上が7年間に使っていたもので、下が現在使われているお札です。
銀行でかえてもらわないと・・・

家では、イギリスではとても定番のクリスマスクラッカーを作りました。
両端を二人で引っ張り合って、引きちぎるのですが、大きい切れ端を取った方が勝ちで、中に入れてあるお菓子がもらえます。

中にほんの少し火薬のヒモがあって、引っ張る時に「パンッ!」と音が鳴るらしいのですが、ニーナが作ったクラッカーは不発でした。

夜はサンタの為にミンツパイというお菓子とミルクを、トナカイの為に人参を用意します。そして、サンタへの手紙も一緒に置いておきます。

ニーナの手紙はこう書いてあります。
「I would like a rapunzel dress and a brave dress please. xxxxNina from England」(ラプンツェルのドレスとブレイブのドレスをください。イギリスにいるニーナより)。

そして子どもたちが寝た後、パイを食べて、ミルクを飲んで、返事の手紙を置いて置きます。

手紙にはこう書いてあります。
「To two very special children, Nina & Euan. Thank you for the mincepie and chocolate you left for me. I really needed them as I was so hungry. I enjoyed the glass of milk very much and Rudolph said thank you by galloping to the next house. It made his nose shine brightly. I hope that you like all of your presents. So merry christmas and I will see you next year. Ho Ho Ho! Love Santa xx」(特別な子どもたち、ニーナとユアンへ。ミンツパイとチョコをありがとう。すごくお腹が空いていたから助かりました。牛乳もありがとう。トナカイもお礼を言っていたよ。お陰で赤鼻もピカピカ光ってた。プレゼントを気に入ってくれるといいな。メリークリスマス。また来年、会いましょう。ホッホッホ!サンタより。)

そしてプレゼントをツリーの下に並べます。

この量!!!!プレゼントの山!!!!親戚からもたくさん届きました。
明日の朝、子どもたちはどんな反応をするんでしょうか・・・
ちょっと風邪気味のニーナ。元気に朝を迎えられるといいですが。

イギリス滞在記 3

12年12月 23

朝起きてふと庭をみると、でっかいリスが壁の上を走っていました。
庭にある大きな木に住み着いているらしく、もう10年くらいのお付き合いらしいです。何とか写真に収めることができました。柴犬くらいの大きさはありそうなリスです・・・
バーミンガムには野生のリスがいっぱいいるんだとか。

午後は近くのショッピング通りへ行ってみました。両側にお店が並んでいます。2キロくらい続いてるかな。

一本道を入ると、こんな街並み。レンガの家が並び、整った景色です。

まずはホームセンターへ。入り口には本物のもみの木が売ってました。もちろんクリスマスツリー用です。
近年は手っ取り早いプラスチックの木を使う人の方が多いそうです。

次に入ったアーガスというお店はちょっと変わってます。電話帳3冊分くらいはある分厚いカタログが並んでいて、お客さんは欲しい商品の番号を紙に書いて、それをお店の人が倉庫からもってきてくれるという仕組みのお店です。おもちゃに家電にホビー用品、家具、服・・・なんでも揃っています。その数45000種に及ぶそうです。お店自体は小さいんですが、裏にどでかい倉庫でもあるんだろうな。

明日はクリスマスイブ。
子どもたちのクリスマスプレゼントを買いに行かないと。

イギリス滞在記 2

12年12月 22

今日はユアンの誕生日。
ケーキを買いにスーパーへ行きました。

海外のスーパーって何だかワクワクするんですよねぇ。
りんごの種類が豊富です。8種類くらいあったかな。

シリアルの種類もめちゃ豊富。

チーズも隣国フランスからたくさん輸入されていて、値段もリーズナブルでした。
「Buy 1 get 1 free」(一つ買ったらもう一つおまけ。)という商品もたくさんあります。

ケーキコーナーには、プラスチックのようなケーキがたくさん!
バッドマンやスパイダーマンのケーキの中からユアンがえらんだのは・・・
マクウィンのケーキ。

プレゼントをもらって、ケーキを食べてお祝いしました。
おめでとう、ゆあん!!

ケーキの味は・・・一口でじゅうぶんなお味でした・・・(^_^;)

イギリス滞在記 1

12年12月 22

やってきました、イギリスはバーミンガム。
起きて準備したところからスタートすると、約24時間かかりました(ーー;)

現在早朝3時。ニーナは疲れてるはずなのに、差ボケで1時に起きてしまいました・・・( ̄д ̄;)

長〜い長〜い道のりでしたが、子どもたちも割といい子で乗り切ってくれました。ありがたや。

二人にとって初めての飛行機。
ニーナはワクワク。

ユアンは真剣な面持ち。

一つ目の飛行機は12時間だったので、あの手この手で子どもたちをエンターテインしてました。
塗り絵にクイズに折り紙に映画に・・・

利用したルトハンザからも、パズルやお菓子、お絵描き帳なんかをもらいましたよ。

ニーナはずうずうしく「More toys, please.」と、搭乗員におねだりしてました。
飲み物をもらう時も「Juice, please.」「Tea, please.」と自分で言わせるようにしました。

フランクフルトから乗った便でもらったサンドイッチ。

子どもの口には合いませんでした・・・
私は美味しかったけど、賞味期限が3週間もあったのは抵抗感ありましたけどねぇ・・・

空港ではナニーがお出迎え。子どもたちもビッグハグをしてもらいました。外の空気を吸えたのは午後6時。気温7度で、思ったよりあったかい。
とにかく無事に着いて何よりです。